安心してレンタルできるとこってどこ?

電子データは消えてしまうとなかなか復活させられない

インターネット上で個人情報が大量に流出したという事件が起きた場合、電子データは簡単に消えないので大変だと語られることがあります。一方で、電子データは簡単に消えて、復活させることが難しいという側面も持っています。たとえば、西暦2000年前後はホームページブームが起きて、無料のレンタルサーバーサービスがたくさん出ましたが、今はそういったサービスが終了していき、当時作成されたホームページも消えてなくなっています。作者自身が、サーバーにアクセスするためのパスワードを忘れていたら、データのサルベージもできません。 そういった点からいえば、今からレンタルサーバーを利用する場合は、サービスをやめずに運営してくれるところなら安心できるといえるでしょう。

世代のバックアップを取っているところは安心

ただ実際は、いつまで運営を続けられるかは会社自身もわからないことなので、利用者に判断することはできません。では、自分のデータを大切に保管してくれるところとして、どういったものがあれば安心できるサーバーといえるのかというと、やはりバックアップです。できれば、最近のバックアップしか保存していないところではなく、複数の世代のバックアップを行っているところがいいでしょう。というのは、最新のバックアップはRAIDのみで取られていることが多く、その場合、マスター側のハードディスクが壊れるとバックアップ側のデータが駄目になってしまうことがあるからです。 世代のバックアップを行っているところは、やはり月額料金がやや高額ですが、絶対に消えたら困るデータを扱う場合はそういったサーバーにすべきでしょう。

HP作成を効果的に行う上で、サイト上に掲載する文章や写真などに気を使うだけでなく、検索エンジンの仕組みを理解することも大事です。

© Copyright Business Internet. All Rights Reserved.